知っておきたいFX3ポイント

hiurer



















買いポジションを持っている場合には、毎日スワップ金利で収益が出ます。もちろん円買いポジション(売り)をしていると、逆にスワップ金利分支払うことになります。

多くのトレーダーにとってのFXとは、このスワップ金利を儲ける取引としている人も少なくなく、そういった人は高いスワップがつくFX業者というのを選んでいます。スワップ金利戦略は、今多く出回っているハイローオーストラリアを取り上げるFXトレーダーによるブログ等でもよく取り上げられているトピックです。

ただしスワップが高くスプレッドが狭いといったFX業者はなかなかありません。スワップトレード専用に別に講座を持っているという人もめずらしくはないようです。

この複数の口座を使い分けるというのは、他にもメリットがあります。もしすべての取引を同じ口座で行っていた場合、ロスカットされてしまうということがありえます。

スワップ運用を独立して行うことにより、このような事態は避けられますので、長期的な運用は口座を別にした方がいいのです。

■スプレッドで業者を選ぶ

FX業者を選択する条件にはいろいろありますが、特に重要なのがスプレッドの比較です。やはりコストというのは小さいほどいいのが当然ですので、できるだけ負担が小さいものを選びましょう。

出典: ディール.com

スプレッドには固定のところと変同のところがあり、最近は固定の方が主流のようです。固定には完全固定と、経済指標の発表の時だけ広がる原則固定というのがあります。

もちろんスプレッドの狭さだけではなく、約定能力も大切でしょう。

基本的に低スプレッドが高約定能力のFX業者を選んでおけば間違いないのではないでしょうか。それに加えて、mt4やミラトレーダー等の取引ツールの使いやすさなど、自分にとって必要な条件を満たす業者はどこなのかを考えてみましょう。

■通貨ペアで業者を選ぶ

通貨ペアの種類というのも、FX業者の個性がよく表れています。別に数が多ければ多いほどいいというわけでもなく、自分にとって必要な通貨ペアを扱っているかどうかを確認しましょう。

どんなFX業者でも主要通貨はすべて扱っているでしょうから、それだけで満足しているのであれば他の条件を優先させてもいいと思います。

もっともマイナーな通貨ペアがおもしろい値動きをしているのに、自分のところの業者では扱ってないと、なんか損をした気分になるという人もいるでしょう。マイナー通貨というのはスワップ金利が高いことが多いですが、それなりにリスクも抱えていますので慎重に参加しましょう。