人民元と円の関係の歴史

giuyrere



















人民元は中国の通貨で、2005年6月までは1ドル=約8.28元での固定相場制が取られていました。
 
その後、中国が目ざましい経済成長を遂げるに連れて、実質的な人民元の価値が1ドル=2元にまで上昇しているという見方もあったものの、中国政府の輸出産業保護政策に基づき、人民元は固定相場制が継続されてきました。世界銀行が試算した購買力平価を参考にすると、1ドル=約8.28元は実際の人民元の価値の約1/5に押さえられているということになります。
 
2005年6月までドルと人民元のレートが固定であったために、人民元と円の交換レートは円/ドル相場の動向に依存していました。そしてこうした背景を踏まえ、2005年6月、ついに中国政府は人民元の通貨バスケット制の導入し、実質的な人民元の切り上げに踏み切りました。
 
2005年に行われた人民元の実質的な切り上げは、対中貿易赤字が増大していたアメリカ政府からの圧力が最も大きな要因と言われていますが、中国側の人民元を1ドル=約8.28元という低水準で固定するために必要な中国政府の為替介入が大きく、負担となってきたことも通貨バスケット制が導入された一つの要因となっています。
 
この点は、中国の外貨準備高の推移に現れています。2005年6月に約7,000億ドルだった外貨準備高が、2008年には1兆8,000億ドルへと膨れあがっています。こうした事情から、経済成長と自国の輸出産業の保護、そして対米貿易黒字額と外貨準備高のバランスを取りつつ、年間5%程度の人民元の小幅な切り上げを行いつつ、人民元レートの適正化のソフトランディングを図るものと思われています。

人民元と円の直接取引開始

財務省の安住財務大臣は5月29日、東京と上海の外国為替市場での人民元と円の直接取引が6月1日から開始されると発表しました。同じニュースが中国の中央銀行である中国人民銀行からも同じ日に発表されました。
 
日本がアメリカを抜いて中国の近年の最大の貿易相手国となったため、中国にとっても外貨獲得の対象としての日本円の需要が高まっているものと思われます。
 
この直接取引が行われるまでは、アメリカドルを介して人民元と円が取引されていたため、2重の手数料がかかり、手間もかかっていました。さらにレートがアメリカドル相場の動きに大きく影響されていました。それで円と人民元の直接取引が開始されたことは大きな変化となり、投資や貿易に関わる取引における利便性が更に高まり、取引が活発化することは必死と思われます。
 
円と人民元の直接取引開始のメリットはたくさんあります。例えば、日中の商社や銀行・証券会社等の貿易・投資に関わる取引において、為替変動リスクや為替取引コストを軽減できるため、貿易や投資がさかんに行われていくものと思われます。
 
さらに、直接取引によって日中双方の金融市場や財政市場が図られ、経済のさらなる発展を今後期待できます。さらに世界の金融市場での円と人民元の影響力を高め、取引の活発にさせる効果が期待できます。
 
最近起きた欧州債務危機ではユーロとドルが売られ、基軸通貨としての安定性が低下していますので、ここに来て円と人民元の直接取引が開始されたことは非常に大きなステップとなります。FXやバイナリーオプション 初心者は特にそうですが、各国の通貨の特徴を把握しておくことは、取引をする上で大切なことだと知っておいた方がいいでしょう。ですので、FX比較をする際には、通貨の説明が細かくなされている業者を選ぶようにしています。自分で調べればよいことですが、業者がいかにトレーダーに役立つ情報を揃えているかという視点から見ているということです。