利益と損失について知っておく

hiuyreree



















■損切りの大切さ

当然の話ですが、海外FXに限らず投資というのは必ず利益を上げられるわけではありません。莫大な利益をもたらすこともあれば、その逆に損失が大きくなってしまうこともあるのが投資です。

「損切り」というのは、損を確定させることです。

誰だって損はしたくないでしょうが、損を確定させるということも、FXなどの投資では重要な行為となっています。損切りがきちんとできない人というのは、損をさらに拡大させてしまい、やがて投資の世界から去っていくことになるでしょう。

■わかっていてもできない損切り

FX取引で利益を上げるためには、為替レートが予想した通りに動く必要があります。予想と逆に動いてしまえば損をします。

利益を確定するためには為替レートが変動するのを眺めているだけではなく、決済を行わなければいけません。しかし決済をしてしまったあとで、さらに為替レートが変動して利益が大きくなるという予想ができた場合にどうしますか?

多くの人は、利益がさらに大きくなりそうであれば、もう少しだけ待ってみようと思うはずです。その結果、予想通りには行かずに利益が減ってしまうこともあれば、利益どころか損失が出てしまう場合もあります。

そういうとき人間というのは、損失は一時的なもので待っていればまた利益が出るのではないかと楽観視してしまいがちです。もちろん状態が回復する場合もありますが、損切りせずに待ち続けた結果、損失が増えてしまう場合もありえます。

待ち続けるのがいいのか、損切りした方がいいのかは状況にもよりますので、どちらがいいかはわかりません。ですが人間の行動というのは、自分にとって都合がいい方に考えがちだということを知っておいてください。

頭では損切りも大切だということがわかっている人は多いはずです。しかし大きなお金を投じている場合は、その判断力がどうしても鈍ってしまいます。

成功している投資家というのは、このへんが一般人とは違い、ひとつの取引での損失にはこだわりません。きちんと自分の損を認められるからこそ、最終的な勝利者になれるのです。損きりもリスク管理の内の一つです。このリスク管理に非常に協力的なFX業者の一つにXEマーケットがあります。是非一度訪問してみて下さい。